睡眠ホルモン「メラトニン」は短小の原因になる!?

neru

睡眠ホルモン「メラトニン」はインポの原因に!?

貴方は睡眠ホルモンとも言われている、メラトニンをご存知でしょうか?
メラトニンは、寝る前に必ず分泌され、十分な睡眠をとるには必要不可欠だといわれているホルモンです。

このメラトニンは、サプリメントで補うことも可能です。
しかし、メラトニンのサプリメントは、生殖機能に悪影響を及ぼすかもしれないということが、研究で明らかになっています。

脳の松果体でつくられ睡眠を促すホルモンとして知られるメラトニンが、生殖腺の発達や機能を抑制する脳ホルモンを調整していることを、ウズラの実験により発見し、米科学アカデミー紀要の電子版に発表した。

※広島大学統合脳化学プロジェクトの研究から引用

どうでしょう、これは短小にとって恐ろしいことですね。
短小でない方でもメラトニンの過剰摂取は避けたほうが良いかもしれません。

日本ではメラトニンのサプリメントは購入できない

メラトニンは、体内で勝手に分泌される物質で、不眠症などでない限り、外から摂取する必要はありません。

それに、健康的な身体を維持するためには必要不可欠なホルモンなので、「インポの原因になる」と恐れて分泌を減らそうとする必要も一切ありません。

ただ、現在、なかなか寝付けないことが原因で、メラトニンのサプリメントを飲んでいる方は、過剰摂取は一応、控えたほうが良いですね。
確実ではありませんが、生殖機能に支障をきたす可能性があります。

現在、日本ではメラトニンサプリメントはサプリとしては認められておらず、日本では売られていません。
購入するにはアメリカから個人輸入するか?ネット通販で買うしかありません。

さらに、メラトニンのサプリメントは欧米人向けに作られたものなので、身体が比較的に小さい日本人が大量に摂取すると、何が起きるか分からないので本当に安全かどうか?は自力で調べなくてはならなくなります。

精力増強のためのサプリメントは、身体に悪影響を及ぼす可能性はほぼありませんが、セロトニンやメラトニンといったホルモン系のサプリメントは過度に摂取しすぎるのは控えたほうがいいかもしれませんね。

メラトニンを自力で分泌しやすくする方法

メラトニンは外から摂取せずとも、自力で分泌させることができます。

それには、セロトニンを分泌させることが重要ですね。
そもそも、メラトニンはセロトニンが分泌しないと、発生しません。

セロトニンは、様々な方法で分泌させやすくすることが出来ます。
詳細はこちら

あと、すぐに寝るためには、

・アルコールの過剰摂取を控える
・太陽の光をシャットアウトする
・寝る前はカフェインを避ける
・寝る前はタバコを避ける

これらが重要です。
アルコールに含まれるコルチゾールは、脳内を興奮状態にするので眠りを浅くします。

寝る前にお酒を飲むと深い眠りにつけそうなイメージですが、実際は浅いのです。
太陽の光は、メラトニンを止める効果があります。

朝や昼に睡眠をとる場合は、カーテンをしめて太陽の光をシャットアウトしましょう。

カフェインは、興奮を司る交感神経を刺激するので睡眠を妨げます。
寝る前のタバコは、ニコチンの覚醒効果によりよくないので、避けましょう。

睡眠は十分に摂ろう

睡眠中、男性ホルモンは分泌します。
男性ホルモンは、チンコと密接な関係にあります。

減退させないように、慢性的な寝不足はさけたいところですね。
男性ホルモンを分泌させる方法はこちら

ちんちん丸が亀頭増大、長径手術を受けた ABCクリニック

増大・長茎

abcbun1 abcbun2

ABCクリニック公式ページはこちら

ちんちん丸のABCクリニック体験談はこちら

ちんちん丸おすすめの病院・クリニック一覧へ

管理人、ちんちん丸も飲んだ!人気No.1性器増大サプリメント「ヴィトックスα」

VITOX-α

b2 b3

ヴィトックスα購入ページはこちら

ちんちん丸のヴィトックスα体験談はこちら

このページの先頭へ