長径(茎)、亀頭増大手術の麻酔の種類や方法!

%e9%ba%bb%e9%85%94

長径(茎)、亀頭増大手術の麻酔方法は?

cats

当然ですが、長径手術、亀頭増大手術を行うときは痛みを感じないように麻酔をします。
麻酔方法は、クリニックや店舗ごとで異なります。

注射麻酔(局所麻酔)

ペニスに、麻酔が入った注射をうつタイプです。
初めはチクッとします。

最近では麻酔注射を打つ30分くらい前に麻酔シール(ペンレスシール)をペニスに貼ってからうつのでチクッとも感じないことが多いです。(ちなみに、僕が受けたABCクリニックではそうでしたし、現に痛みは感じませんでした。)
ただ、痛みを感じるか感じないか?は個人差があるみたいです。

%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%ab

それでも、シールを貼るか貼らないかで、結構違うと思います。

この麻酔方法で意識がなくなったり、うとうとするということはありません。

マスク麻酔(全身麻酔、静脈麻酔)

%e3%81%8c%e3%81%99%e3%81%be%e3%81%99%e3%81%8f

鼻と口に透明の器具を覆う麻酔方法です。

麻酔の効果で数十秒で眠ります。よくドラマや映画の手術のシーンなどで見る麻酔方法ですね。
気が付いたら手術が終わっていたというケースがほとんどです。

長径、亀頭増大手術ではほとんどが注射麻酔

長径手術や亀頭増大手術はそこまで大がかりな手術ではないので、大抵はペニスに注射をうたれるだけの麻酔で済みます。
なので、どういった治療方法を行っているのか?リアルタイムで見ることができますね。

切る長径手術だと、マスク麻酔をするクリニックもあるようですが、亀頭増大手術は注射のみの治療なので、全身麻酔を行うことはまずありえませんね。(お願いしたらやってもらえそうですが、大袈裟です。)

麻酔代は?

ほとんどのクリニックの場合、公式ページに記載されている手術代込みです。
明朗会計を謳っているクリニックは、他で麻酔代を取るということは先ずないでしょう。

ただ、ホームページにしっかり記載していないクリニックは、手術代とは別でとってくることもあるかもしれません。

値段に気を付けたい方は、しっかりホームページに費用を記載しているクリニックを選んだ方が良いですね。
変なところでぼったくられる可能性もあるので。

ちんちん丸が亀頭増大、長径手術を受けた ABCクリニック

増大・長茎

abcbun1 abcbun2

ABCクリニック公式ページはこちら

ちんちん丸のABCクリニック体験談はこちら

ちんちん丸おすすめの病院・クリニック一覧へ

管理人、ちんちん丸も飲んだ!人気No.1性器増大サプリメント「ヴィトックスα」

VITOX-α

b2 b3

ヴィトックスα購入ページはこちら

ちんちん丸のヴィトックスα体験談はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ