重度の尿道下裂として生まれたベイカー氏の驚愕的な話

cats

辛すぎるベイカー氏の人生

貴方はスティーブ・ベイカー氏をご存じですか?

ベイカー氏は、尿道下裂(にょうどうかれつ)という、先天的なペニスの奇形の一つを患って、生まれました。

尿道下裂とは、尿道が通常の位置より下がっていたり、陰茎が特殊に曲がっていたりと症状は様々ですが、

ベイカー氏の場合は、極端に小さい2.5センチのミクロペニス状態で、尚且つ尿道下裂でした。

そのことにより、自己嫌悪を感じ、自己否定に陥り、自信が持てない少年時代を送ったそうです。

特に、水泳授業は苦痛で、水着を着るときはまさに地獄で、拷問を受けているような感覚だったとのこと。

その時代の医者は、まだまだ未熟で、今なら早めの手術を行えば治療できても、

その時の医療技術では不可能だったようです。

治せないどころか、知識がなさ過ぎて、尿道下裂ということを見極めることができなかった医者は、普通の割礼(包茎手術)を行い、

それに加え、亀頭にまでダメージを与えてしまい、
結果的に亀頭をなくしてしまうという、悲惨すぎる状況になってしまったとのこと・・・。

29歳で結婚し、子供を生んだものの、破局を迎え、

亀頭を切除されたことによって射精も困難になり、

「こんな欠陥を持っているのは、世界で俺一人なんだ。」

と、ずっと悩んでいたところ、インターネットにより、症状の重さに違いはあるものの、

125人に1人が発症していることを知り、少し安堵した

と言います。

今ではそのスティーブベイカー氏も63歳。
現在、カナダの大自然に囲まれて生活しているようです。

短小の悩みなどちっぽけすぎ!?

「日本人の平均以下のサイズしかない」

このような僕たち短小の悩みは「ちっぽけなものなのかもしれない」と、ベイカー氏の存在を知り感じさせられました。

ベイカー氏は、僕たち短小に生きるための自信と勇気を与えてくれた、貴重な存在だと、心の底から感じます。

計り知れないベイカー氏の苦悩と比べると、日本人の平均サイズより少し小さいだけで悩むのはバカらしいですね。

そのうえオーガズムは感じることはできます。

今なら、大きくする手段はあるわけですし、ベイカー氏のコンプレックスと比べれば容易に解消することができます。

「あぁ俺は短小だからもうダメだ~」

ばかり思っていてもどうしようもなく、暗いと、むしろ女性に嫌われる一方ですし、

何一ついいことがありません・・・。

悩んで、家に引きこもっているだけでチンコが大きくなるならいいですが、全く変わらないですし、貴重なチャンスを逃すことにもなります

そして、人間はチンコだけではなく、外見や中身も重要です。

明るい短小チンコとして前を向いていたいですね!

ちんちん丸が亀頭増大、長径手術を受けた ABCクリニック

増大・長茎

abcbun1 abcbun2

ABCクリニック公式ページはこちら

ちんちん丸のABCクリニック体験談はこちら

ちんちん丸おすすめの病院・クリニック一覧へ

管理人、ちんちん丸も飲んだ!人気No.1性器増大サプリメント「ヴィトックスα」

VITOX-α

b2 b3

ヴィトックスα購入ページはこちら

ちんちん丸のヴィトックスα体験談はこちら

このページの先頭へ