短小男性は糖尿病を詳しく知って事前に防ごう!

どうも、ちんちん丸です。
糖尿病を患うと、EDやペニスを萎縮させてしまうことになることが、最近になって分かりました。

これについて、解説していきます。

生活習慣病の中で、もっともEDになりやすいと言われているのが、「糖尿病」です。
それと同時に、ペニスに血液を十分に送り込めないという観点から、ペニスサイズにも悪影響を及ぼすことが分かっています。

糖尿病とは、血液の中に糖が細胞に吸収されなくなり、その結果、高血糖が生じ、血管や神経にダメージを負わせてしまう病気です。

一番の問題は、いくら興奮しても、脳の命令がペニスまでうまく伝わらず、ペニスに血液を送り込むことが困難だということです。

それにより、EDであったり、ペニスが萎縮してしまう可能性があるというわけですね。

糖尿病になる原因は

・甘いものの摂りすぎ
・暴飲暴食
・運動不足
・ストレス
・遺伝

甘いものの摂り過ぎであったり、食べ過ぎやお酒の飲みすぎというのが糖尿病の原因になるということは、皆さんもイメージ的にご存知だと思います。

ですが、実際は、遺伝的要因が深く関わっています。
片親が糖尿病の場合は、発症率が27%だと言われています。

両親ともに、糖尿病の場合は、発症率は58%になるようです。

つまり、「甘党だから」「太っているから」ということが糖尿病の原因になるわけではないということを、理解しておいてください。

ただ、発症するかどうか?は、過食や肥満、ストレス、運動不足がきっかけになります。
遺伝的に糖尿病になる可能性があるとしても、必ず患うわけではありません。

上記のことに注意しておけば、防ぐことは可能なのです。

糖尿病だと、高血圧症になりやすく、男性更年期障害にもなりやすい

また、糖尿病の方はここで紹介した高血圧症になりやすく、男性更年期障害にもなりやすいといった特徴があります。

それに加え、脳卒中や、心筋梗塞などといった合併症を患う危険性もあるので、事前に対策しておきたいところですね。

 

糖尿病患者は長径(茎)、亀頭増大手術を受けることは出来るのか?

 

cats

 

病気を患っている場合、手術を受けれるのかどうか?気になりますよね。
今回は、糖尿病を患っていた場合、長径手術や亀頭増大手術を受けることが出来るのか?述べていきます。

切る長径手術は受けることが出来ない可能性が高い?

糖尿病を患っていると、長径手術によってできた傷口がなかなか治らないことが理由で断られることがあります。(創傷治癒の遅延)
また、糖尿病の患者さんはワーファリン(ワルファリン)などの血液凝固阻止薬を服用しているので、その影響で手術で出血した際、血が止まらなくなる可能性があるので、それが理由で断られることもあります。

ただ、傷口をほとんど作らずに綺麗に切れる医者なら問題ないですし、なかなか治らないと言っても一生治らないと言うわけでは決してありません。
それに、傷口は陰毛で隠れるので、そこまで気にする必要はないでしょう。

ワーファリンなどの血液凝固阻止薬の服用に関しても、内科の先生としっかり話し合って手術前は服用しないなどと言う感じで調整すれば出血多量の恐れもありません。

この点は、カウンセリングでお医者さんと話しあって決めるのが良いでしょう。

切らない長径手術は、その名の通り切らず、針と糸のみで行うのでこれと言った出血もないので切らない長径手術は受けることが出来ます。

亀頭増大手術は受けることが出来る

亀頭増大手術は、注射一つで行う簡単な手術です。
なので、糖尿病を患っていても手術を行うことが出来ます。

ただ、注射によってできる小さい針の穴でさえ駄目だと言って手術を断るクリニックもあるかもしれませんが、針程度ではほぼ出血しないので大抵は断られないはずです。

手術が可能かどうかは、手術前の質問書であったり、直接お医者さんに何かしらの病気を患っていないか?必ず聞かれるので、糖尿病を患っていると知らずに手術を受けて大惨事、みたいなことは先ずあり得ないので心配はいりません。

ちんちん丸が亀頭増大、長径手術を受けた ABCクリニック

増大・長茎

abcbun1 abcbun2

ABCクリニック公式ページはこちら

ちんちん丸のABCクリニック体験談はこちら

ちんちん丸おすすめの病院・クリニック一覧へ

管理人、ちんちん丸も飲んだ!人気No.1性器増大サプリメント「ヴィトックスα」

VITOX-α

b2 b3

ヴィトックスα購入ページはこちら

ちんちん丸のヴィトックスα体験談はこちら

このページの先頭へ