短小が嫌なら環境ホルモンは極力避けるべき!?

mi-tobo-ru

環境ホルモンで短小+インポ!?

どうも、ちんちん丸です。
今回は、「環境ホルモン」とペニスの関係性などに関して解説していきます。

あなたは、環境ホルモンをご存知でしょうか?
環境ホルモンとは、

・ダイオキシン
・防腐剤
・殺菌剤
・殺虫剤
・食品添加物
・農薬

などの化学物質のことです。
防腐剤は食べ物を腐らずに置いておけたり、殺虫剤はゴキブリを速攻で殺せるなどというように生活していく中でまあまあ必要ではあるのですが、これら化学物質には「ペニスに異常をきたす作用がある」などと、言われたりします。

ペニスに異常をきたす以外にも、学力が低下したり、ストレスを感じやすくなったり、不安になりやすくなったりなど、脳や精神状態にも影響を及ぼすとも言われることがあります。

これに関して、確かな情報なく、研究でも明らかになってはいないのですが、確かにずっと放置しているのに腐らない食べ物を毎日食べ続けると、「身体に悪そうだな」、とは感じますね。

例えば、ジャンクフードですね。

hamburger05

コンビニに売っているほとんどの物もそうですね。

ミートボールや、赤ウインナーなども、食品添加物が大量に入っているので、毎日食べるのは気が引けます。

そこでオススメなのが、生ものですね。
生ものには環境ホルモンは入っておらず、酵素という若々しい身体を保つには必要不可欠な成分が含まれているので、食べましょう。

野菜も良いですね。
たまねぎは、血行が良くなるのでチンコにとても良い影響を与えます。

にんにくも臭いが気になりますが、チンコを膨張させたいならとっておきです。
翌日、誰とも会わない日などなら、どんどん摂取していきましょう。

「野菜が嫌い」「にんにくの臭いがきになる」「調理するのが面倒。」
こういった方は、サプリメントを摂取するのも一つの手ですね。

サプリメントなら、味や臭いを気にせずに、手軽にチンコに必要な栄養分を摂取することが出来ます。

ただ、あまりに「あれもだめだ、これもだめだ」なんて言う風になっている精神状態こそが危険であり、ストレスの元になり、インポに繋がると思うので、そこまで神経質になる必要もないかな?とも感じます。

ちなみに、ジャーナリストのベンジャミンも防腐剤が将来的に与えるペニスへの影響について答えています。
あながち、無視できないかもしれませんね。

ただ、僕たちのペニスが数年ごとに小さくなっていくかどうか?と言われると、微妙なところです。
悪影響を及ぼすとするなら、今後生まれてくる次の世代の方といったところでしょう。

ちんちん丸が亀頭増大、長径手術を受けた ABCクリニック

増大・長茎

abcbun1 abcbun2

管理人、ちんちん丸も飲んだ!人気No.1性器増大サプリメント「ヴィトックスα」

VITOX-α

b2 b3

このページの先頭へ