漢方薬でペニス増大を目指さない方が良い理由を解説!

質問

漢方薬に男性器を大きくする作用はありますか?
また、サプリメントなどの違いも教えてもらえれば幸いです。

薬の種類に関して解説

・漢方薬
・西洋薬
・サプリメント

上記の3種類は似て非なるものです。
それぞれ全く違う特徴があるので、覚えておいてください。

漢方薬とは、身体全身を回復させるための薬です。
その分、効き目が遅いという特徴があります。

僕たちが良く知っている風邪薬やお腹や頭などの痛みを治す薬は、西洋薬と言います。
これは漢方薬とは違ってピンポイントで治すという特徴があり、即効性があります。

その分、漢方薬よりも副作用が生じやすくなっていて、使い続けると自己治癒力も低下していきます。

そして、効き目はもっとも遅いものの、持続して飲めば健康的な身体を作り上げることが出来ると言われているのが、サプリメントです。

サプリメントは薬ではないので副作用がないですし、飲み続けたからと言って、自己治癒力が低下したり、薬が効きづらくなる(薬剤耐性)といったこともありません。

ただし、効果は持続して飲まないと、実感しにくいですね。
ちなみに、僕が試したヴィトックスαは漢方薬ではなく、サプリメントです。

性器増大サプリ「ヴィトックスα」をガチで飲んだ結果!【レビュー】

精力剤とも、言われていますね。

巨人倍増という性器増大漢方薬があるが、オススメしない

あなたは、「巨人倍増」という漢方薬が存在することをご存知でしょうか?
巨人倍増は、EDを改善したり、ペニス増大効果があると言われている漢方薬です。

個人的には、この巨人倍増を飲み続けて性器増大を目指すのは、少し危険かな、と思います。
何故なら先ほど述べたように、漢方薬は副作用があるれっきとした薬だからです。

漢方薬と聞くと、あたかも自然の物で作られているから身体に優しいと思いそうになるのですが、「薬」であることには変わりありません。

西洋薬よりは副作用は生じないかもしれませんが、継続して飲み続けると、身体に悪影響を及ぼすことは間違いないでしょう。

例えば、

・桂皮(けいひ)
・麻黄(まおう)
・甘草(かんぞう)

 

などが、主に漢方薬に含まれている成分なのですが、これらにはわずかながらも副作用があります。

桂皮は、かゆみ。
麻黄には、動悸や発汗。

甘草には、だるさやむくみを感じさせる副作用があることが報告されています。

数回飲んだ程度では、副作用は生じないかもしれませんが、継続的に飲むことはオススメできません。
なので、漢方薬でのペニス増大は、辞めておいた方がいいと思います。

自力でペニス増大を目指したいなら性器増大サプリメントを飲みつつ、AV男優のように下半身を鍛え、チントレを行う。

使い続けると大きくなるは本当?森林原人によるペニス増大説!

これが、自力ペニス増大法の王道でしょう。

サクッと大きくしたいなら、無難に長茎術を受けたほうが良いでしょう。
クリニックの情報や、実体験はこのブログに載せているので参考にしてください。

ちんちん丸が亀頭増大、長径手術を受けた ABCクリニック

増大・長茎

abcbun1 abcbun2

ABCクリニック公式ページはこちら

ちんちん丸のABCクリニック体験談はこちら

ちんちん丸おすすめの病院・クリニック一覧へ

管理人、ちんちん丸も飲んだ!人気No.1性器増大サプリメント「ヴィトックスα」

VITOX-α

b2 b3

ヴィトックスα購入ページはこちら

ちんちん丸のヴィトックスα体験談はこちら

このページの先頭へ