ペニスが小さくなる5つの原因と、その対処法

cats

どうも、ちんちん丸です。

質問に答えます。

Q.最近、妙にチンコが小さくなってきた気がします。何か考えられる原因はあるでしょうか?

生活に問題がある場合

元々は、平均サイズなのに、徐々にペニスが小さくなってきたように感じる場合、生活環境や運動不足に問題がある場合があります。

原因は様々です。

1つ目は、お酒やタバコですね。
ここでも述べていますが、アルコールやニコチンの過剰摂取は、ペニスを縮めます。

2つ目は、飲食の量です。
食べすぎ、飲み過ぎは、当然ながら、身体に脂肪をつけます。

脂肪は、短小の元です。
あまりに脂肪がついてしまうと、ペニスが体内に埋まってしまい小さくなってしまうので、暴飲暴食はもちろん、間食などにも注意です。

詳しくはこちら

3つ目は、運動量ですね。
全く運動しないと、血行が悪くなり、ペニスへあまり血液が流れません。

よって、ペニスが小さく見えて、勃起の際もあまりビンビンにならなかったり、亀頭が張らなかったりします。

それに、筋肉がどんどん衰えます。
歳をとると、股間付近の筋肉も老化し、ペニスはどんどん体内に埋まってしまいます。

これは老人性包茎と呼ばれるものです。
年齢が若くても、股間付近の筋肉が極端に衰えてしまうと、これになってしまう可能性はあります。

なので、老人性包茎にならないように適度な運動を心がけましょう。

4つ目は、ストレスです。
普段の生活からストレスを感じ過ぎていると、ペニスが縮んでしまいます。

ストレスは、交感神経という自律神経を強く働かせ、セロトニンという体がリラックスするときに分泌する物質を妨げるので、ペニスの勃ちによくありません。

例えば、緊張しているときに勃起していることってありませんよね?
演説であったり、怖い思いをしているときというのは、身体がストレスを感じているので、交感神経が働いてチンコが縮みます。

心がリラックスできているならば、金玉は垂れ、チンコも縮こまることがありません

普段からストレスばかり感じているとチンコは常に縮こまってしまうので、極力リラックスすることを心掛けたいところです。
セックス前なども、極度の緊張、ストレスを感じていると異様にチンコが縮こまってしまうので、リラックスしておきましょう。

5つ目は、姿勢ですね。

実は姿勢は、かなり重要です。

座っている時など、背筋はしっかりのびていますか?
常に猫背だと、血行が悪くなりますし、ペニスがどんどん体内に埋まっていきます。

肥満の方は座っている時、チンコが全部、体内に埋まってしまうこともありますよね?
チンコの構造上、猫背だと余計にチンコが体内に埋まってしまうようになっています。

猫背は治すようにしましょう。

遺伝が問題の方は、有名な対策方法3種類を駆使しよう

上記の原因に当てはまらない方は、「遺伝」による短小ですね
実際、そういった方のほうが多いと思います。

有名な短小改善方法としては

亀頭増大、長径手術

性器増大サプリメントを飲む

・チントレを行う

この3種類です。

ちなみに僕は、手術を受けましたし、サプリメントも飲んでみました。
短小を改善できるなら、極力、リスクは回避しつつ、試せる方法は何でもしていきたいと思っています。

ちんちん丸が亀頭増大、長径手術を受けた ABCクリニック

増大・長茎

abcbun1 abcbun2

ABCクリニック公式ページはこちら

ちんちん丸のABCクリニック体験談はこちら

ちんちん丸おすすめの病院・クリニック一覧へ

管理人、ちんちん丸も飲んだ!人気No.1性器増大サプリメント「ヴィトックスα」

VITOX-α

b2 b3

ヴィトックスα購入ページはこちら

ちんちん丸のヴィトックスα体験談はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ