ドロドロ血液は短小の元!サラサラ血液になろう。

lgi01a201403260800

血液ドロドロは短小の元

ドロドロ血液は、EDの原因になることが多いことを皆さんはご存知でしょうか?

血液がドロドロ=血行不良です。
身体に流れる血液がドロドロだと、ペニスに十分に血液が流れず、ED(勃起不全)になってしまうというわけですね。

酷い場合だと、全く勃たないインポにだってなる可能性もあります。
そして、満足にペニスが勃起しないということは、結果的に短小に繋がるということになってしまいます。

血液がドロドロだという方は、一刻も早くサラサラにする必要があります。

血液がドロドロになる原因

血液がドロドロになる原因は

・偏った食生活
・運動不足
・たばこの吸い過ぎ
・慢性的なストレス

主にこの4つですね。
これらに当てはまる方は、このままの生活を続けているとほぼ確実にEDの道を辿ることになり、バイアグラに頼みざるを得ないような身体になってしまいますので、生活習慣を改めたほうが良いですね。

さらに、こういった健康に良くない生活を何年も続けていると、当然、太ります。
太ると、皮下脂肪などの脂肪が原因で、陰茎が体内に埋まったり、ホルモンバランスが崩れてよりいっそう短小になってしまいます。
詳細はこちら

たばこの吸い過ぎは、血液をドロドロにするだけでなく、血管を収縮させる作用もあるので、別の意味で短小へと繋がります。詳細はこちら

このように、偏った生活習慣は身体にも良くないですし、ペニスにも悪影響を及ぼしてしまうのです。
最悪、心筋梗塞にもなり得ませんしね。

生活習慣を改めることは、今までの偏った生活がしみついている方には難しいことかもしれませんが、徐々にでも改善していくべきですね。

また、食事の際、または食後、急激な眠気や、意識が飛ぶほど眠くなるという方は、血流が悪い可能性大です。
当てはまる場合は、一刻も早く血液をサラサラにした方が良いでしょう。

血液をサラサラにする食べ物

血液をサラサラにする食べ物、飲み物は

・たまねぎ
・ネバネバ系の食べ物
・魚類
・水
・ウミヘビエキス
・マキベリー

主にこの6つですね。

たまねぎ

tamanegi

たまねぎが血液をサラサラにする効果があることは、皆さんご存知ではないでしょうか?
たまねぎに多く含まれているイオウ化合物が、血液をサラサラにしてくれます。

「短期間でサラサラにしたい」と言う方は、酢たまねぎを作って食べるのがとても効率的です。
酢にも血液をサラサラにする力があるので、ぜひ酢に浸したたまねぎスライスなどを食すことをオススメします。

ネバネバ系の食べ物

okura

ネバネバ系の食べ物と言えば、山芋やオクラ、納豆ですね。
特に納豆は、血液の固まりを阻止するナットウキナーゼという成分が含まれているので、かなりオススメです。

魚類

sakana

魚に含まれるEPAは、納豆と同じように、血小板の凝固を阻止する効果があるので、普段、魚をあまり食べていない方にはオススメです。

ちなみに、DHAやEPAが多く含まれる魚は、アジやイワシ、サバ、サンマ、ニシン、マグロ、カツオ、ブリですね。

日本でも簡単に食べることが出来る魚ばかりです。

また、魚がどうしても苦手な方はαリノレン酸を含んだ食材を摂取することもオススメです。
αリノレン酸は体内に取り入れることによって、魚に多く含まれているEPAやDHAに変換されます。

なので、魚をほとんど食べる機会がないのなら、αリノレン酸で補うことも可能なのです。

αリノレン酸を含む食べ物は主に、しそ(大葉)やほうれん草、くるみがオススメです。

ほうれん草とくるみは相性抜群で、ほうれん草とくるみを和えて食せば、より多くのαリノレン酸を摂取することができます。

mizu

実は、一見、健康そうな身体つきでも、毎日、汗をすごくかくような作業をしていたり、ほとんど水分を摂らない方も血液がドロドロになってしまっている可能性があるのです。

水分を摂ることは大切です。

チンコと水分の関係についてはこちら↓

水でペニスを大きくすることはできるのか?

ウミヘビエキス

ウミヘビエキスを聞きなれない方も多いことかと思います。
ですがこのウミヘビエキス、血液をサラサラにするだけでなく、精力を回復させたり、脳細胞を活発化させる効果まであるのです。

ウミヘビエキスには魚類と同じように、DHAやEPAを含んでいます。
普通の魚と違う部分は、DHAやEPA以外にも様々な栄養分が含まれているということです。

そして凄いのが、それらの栄養分にはいまだにしっかりと解明されていない栄養分まで含まれているということ。
その解明されていない栄養分が、DHAやEPAなどの効果を倍増させると言われています。

ウミヘビエキス、恐るべしですね。

サラサラにしたあとは、ドバドバ血液を増やそう

サラサラにしても、血液が足りないと、結局、貧血であったり、インポの原因になります。
「血液が足りない方は、血液も増やすと完璧ですね。

血液が足りない方の特徴や血液を増やす方法。

ポリフェノールを大量に含んだマキベリーがオススメ

e3839ee382ade38399e383aae383bc

皆さんは、ポリフェノールをご存知でしょうか?
誰でも1度は聞いたことがあることだと思います。

ポリフェノールには、血液をサラサラにしたり、老化を防止する効果があります。
どちらも、チンコにモロに影響する効果ですね。

ドロドロの血液だと、勃ちが悪くなるので短小が余計に頼りなくなってしまいますし、筋力の老化が進行すると、PC筋などの下半身の筋肉も当然、衰えるので、短小に繋がります。

筋力の老化による短小の解説はこちら

なので、ポリフェノールは欠かせません。

・アサイー
・アセロラ
・ブルーベリー
・キウイ
・ブドウ
・マキベリー

主に、これらに多く含まれるのですが、この中でも特にオススメなのはマキベリーです。

アセロラやアサイーのポリフェノール含有量は、100gあたり、1000gmを越えています。

しかし、それ以上にポリフェノールを含むのは、マキベリーです。
マキベリーには、100gあたり、約8000㎎ものポリフェノールが含まれており、世界で一番多いポリフェノールを含む食材と言われています。

1日小さじ1杯で十分

血液をサラサラにする以外にもマキベリーには


・炎症を抑える
・目が良くなる

などの効果もある健康的な食材です。

マキベリー小さじ1杯をスムージーにバナナ(1本)、豆乳(200cc)、はちみつ(大さじ1杯)などと一緒にスムージーにして飲むと最高ですね。

若干高い?マキベリーパウダー

マキベリーは、100g当たり5000円します。
100gで考えると、多少高いように感じますが、小さじ1杯250円で考えれば、そこまで高くないですね。

マキベリーを摂るとより効果的な時間帯がある

マキベリーは、午後3時くらいに摂るのがベストとされます。

食事をすると、ポリフェノールが摂れます。
ただ、時間が経つと、ポリフェノールというのはどんどんなくなっていきます。

なので、食後の午後3時くらいがちょうどいいのです。

「なら、夜も摂ったほうが良いのでは?」
などという声が聞こえそうですが、夜というのは、ほとんど身体を動かさないので酸化が起こらず、ポリフェノールも身体から出ていかないのです。

今日からマキベリースムージーを飲んで、血液をサラッサラにして、血管の浮き出たビキビキの極悪チンコを手に入れましょう!

赤ワインも有効

基本的に、アルコールの過剰摂取は男性ホルモンの分泌を低下させ、チンコにあまりよろしくないとされるのですが、赤ワインはポリフェノールをたくさん含んでいるので、話が少し変わります。

もちろん、飲みすぎは逆効果ですが、お酒が好きな方は赤ワインをのむことをオススメします。

ちんちん丸が亀頭増大、長径手術を受けた ABCクリニック

増大・長茎

abcbun1 abcbun2

ABCクリニック公式ページはこちら

ちんちん丸のABCクリニック体験談はこちら

ちんちん丸おすすめの病院・クリニック一覧へ

管理人、ちんちん丸も飲んだ!人気No.1性器増大サプリメント「ヴィトックスα」

VITOX-α

b2 b3

ヴィトックスα購入ページはこちら

ちんちん丸のヴィトックスα体験談はこちら

このページの先頭へ