「サーチュイン遺伝子」で若々しいチンコを!

idensi2

サーチュイン遺伝子を活性化させて、ビッグペニスを維持しよう

あなたは、サーチュイン遺伝子をご存知でしょうか?
簡単に言えば、長生きするための遺伝子のことです。

別名、長寿遺伝子とも言われています。
サーチュイン遺伝子は、老化の原因から発生する活性酸素を防ぐので、当然、チンコの劣化さえも防ぐことが可能になっています。

普通なら、チンコは老化し、縮んでいくものです。詳細はこちら
サーチュイン遺伝子をうまく駆使して、元気なチンコを保ちましょう。

サーチュイン遺伝子の研究結果

サーチュイン遺伝子の研究は、サルなどの動物やヒトの細胞などから、たくさんされていて、しっかりとした結果が出ています。

培養皮膚細胞を24時間レスベラトロールに曝露し、その後の遺伝子の発現レベルを調査した。

その結果、炎症や皮膚の老化の指標となる遺伝子の発現、マトリックスメタロプロテアーゼ(コラーゲンやエラスチンを分解する酵素)の発現が抑えられた。

これらのことから、レスベラトロールの持つ抗酸化作用により、肌の老化を防ぎ、肌の健康を維持・向上させる効果があると考えられる。

※出典元:http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S175646461400245X

サーチュイン遺伝子を活性化させる方法

サーチュイン遺伝子を活性化させる方法は

・カロリー制限
・赤ブドウの皮を摂取する

この2つが有名です。
 
・カロリー制限

サーチュイン遺伝子は、カロリーを制限することによって、目覚めるとされています。
栄養分となるミネラルを摂らないのではなく、タンパク質、炭水化物、脂質などと言った成分を避けるといった方法がベターですね。

とは言っても、いきなり断食したり、極端に食事を減らすということは、元々痩せ型の方だったり、身体を動かすことが多い方は特に、控えたほうが良いですね。

徐々に、減らしていくのが良いともいます。
ほとんどカロリーを摂取しない方は、元からサーチュイン遺伝子が活性化されている可能性が高いので、いつまでも元気なチンコのままでいられる確率が高いですね。

・赤ブドウの皮を摂取する 

赤ブドウの実の部分ではなく、皮を食べなくてはいけないみたいですね。
これは、ラズベラトロールと呼ばれるポリフェノールの一種です。

赤ワインなどからも摂取できますね。
実際に、赤ワインをよく飲むフランス人の死亡率は、低いです。

サーチュイン遺伝子の活性化は、チンコの老化を防ぐだけでなく、

・脂肪の燃焼
・認知症の予防
・しみやしわなどの予防

これらの効果を得ることが出来ると言われています。
フル勃起チンコをいつまでも保つためには、無視できない遺伝子ですね。

ちんちん丸が亀頭増大、長径手術を受けた ABCクリニック

増大・長茎

abcbun1 abcbun2

ABCクリニック公式ページはこちら

ちんちん丸のABCクリニック体験談はこちら

ちんちん丸おすすめの病院・クリニック一覧へ

管理人、ちんちん丸も飲んだ!人気No.1性器増大サプリメント「ヴィトックスα」

VITOX-α

b2 b3

ヴィトックスα購入ページはこちら

ちんちん丸のヴィトックスα体験談はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ