動物のチンコを食べて元気になろう!

ab2fac86

動物のチンコを食べて性器増大!?

あなたは、動物のペニスを食べたことがありますか?
動物のペニスは、滋養強壮や、性器増大の効果があるなどして、様々な国で食されています。

特に中国では、動物同治と言って身体の悪いところ治すには、同じ部位を食べると良いなどといった考え方があり、チンコを元気にするには、動物のチンコを料理して食すといった風習もあります。

今回は、世界中で食されている動物のチンコや、その料理を紹介していきたいと思います。

世界で食べられている動物のチンコ

・クジラのチンコ

whaleseventeen

見てください、この巨大なチンコを。
クジラのチンコは、たけり(珍宝)という名前の刺身として日本で食されています。

takeri1

ポン酢や醤油、からし味噌をかけて食べるようですね。
トラフグの湯引き皮のような味わいと言われていたり、ミミガーに似ているなどとも言われます。

冷めると硬くなり、臭いに敏感な方はあまり好きになれないと言う情報もあります。

・牛のチンコ

1425350052189631

牛のチンコは、焼肉屋さんで簡単にたべることができます。
牛の金玉は宝殿(ほうでん)、ペニスは牛鞭(ぎゅうびん)などと呼ばれています。
店によれば、「チンコ」というそのままの名前で売られていることもありますね。

ちなみに、コブクロという、メスの子宮も存在します。

・犬のチンコ

menu_231_sum640_1364716936

犬のチンコは主に中国や韓国で食べることが出来ますね。
日本だと犬を食べると言ったことがないので、抵抗がある方も多いことだと思います。

・シカのチンコ

20160124venison06

画像のは、エゾジカのペニスですね。
中国では、やはり精力増強の効果があるとされています。

・ヤギのチンコ

goatpenis

ヤギのチンコは、ぶにゅぶにゅしていて弾力性のあるゴムのような食感だと言われています。
日本ではなかなか食べる機会がありませんね。

中国で唯一の動物のペニス料理専門店「鍋里荘」に行けば、食すことが出来ます。

他にも、馬、ロバ、カンガルーのチンコなども世界中で食べられており、どれも精力増強の効果があると言われています。

1度、動物のチンコを食べてペニス増大を狙ってみるのもいいかもしれませんね。

ちなみに、僕が購入したサプリメントにも馬の睾丸や、豚の睾丸のエキスが含まれているので、参考にしてください。

ちんちん丸が亀頭増大、長径手術を受けた ABCクリニック

増大・長茎

abcbun1 abcbun2

ABCクリニック公式ページはこちら

ちんちん丸のABCクリニック体験談はこちら

ちんちん丸おすすめの病院・クリニック一覧へ

管理人、ちんちん丸も飲んだ!人気No.1性器増大サプリメント「ヴィトックスα」

VITOX-α

b2 b3

ヴィトックスα購入ページはこちら

ちんちん丸のヴィトックスα体験談はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ