マイクロコンデンスリッチファット注入法とPRP脂肪幹細胞注入法の解説!

%e3%81%97%e3%81%bc%e3%81%86%e3%81%a1%e3%82%85%e3%81%86%e3%81%ab%e3%82%85%e3%81%86%ef%bc%92

二種類の脂肪注入法の解説

陰茎増大法として一般的なのが亀頭増大手術長茎手術そして、脂肪注入法による陰茎増大手術。

最近、この中でも脂肪注入法は発展し、その欠点を解決したより効果的な方法が開発されてきています。
今回はそれらの発展的な方法のうち代表的な、マイクロコンデンスリッチファット(MCRF)注入法とPRP(多血小板血漿)脂肪幹細胞注入法の二つを紹介いたします。

そもそも通常の脂肪注入法の問題点とは?

脂肪注入法はその名の通り、お腹や太ももなどから自身の体内の脂肪を抽出し、それを陰茎に注入することで太くする方法です。
体外由来の異物を攻撃するアレルギー反応などの危険性もなく、一度生着してしまえば定期的メンテナンスの必要もないというメリットのある方法ですが、デメリットとしては以下の点が挙げられます。

・脂肪細胞の石灰化や、大きな脂肪の塊がしこりとなることがある。
・メスを入れるなど、ヒアルロン酸注入法に比べ手術方法が大掛かり。
・注入した脂肪の生着率(しっかりとした体の組織の一部となること)が3~4割と低い。つまり注入した脂肪のうち3~4割の量しか体の一部とならない。そのため脂肪を体から多めに取らなければならず、瘦せ型で体に脂肪の少ない人には不向き。

具体的な脂肪注入法の詳細はこちら

これらの問題点を解消したのが、先に述べたMCRF注入法とPRP脂肪幹細胞注入法です。

マイクロコンデンスリッチファット(MCRF)注入法

MCRF、つまりマイクロコンデンスリッチファットとは、体内から抽出された脂肪を遠心分離機にかけ選ばれ、濃縮されたより質のいい脂肪細胞を指します。
具体的には、死んだ細胞やしこりとなるような大きな塊、細胞の破片などを除去し、微細かつ生命力ある脂肪細胞を濃縮したものです。

このように良質な脂肪を注入すると、石灰化やしこりが生じる可能性は小さくなり、また活発な細胞を注入することとなるので、生着率もアップします。

PRP脂肪幹細胞注入法

そもそも脂肪の生着とは、脂肪細胞に血管が張り巡らされるなどの環境が整い、細胞が生きていけるようになった状態のことです。もちろん、そのような環境を整えるための成分も同時に注入されなければ、脂肪は生着しません。
その成分として代表的なのが、PRPと幹細胞です。

PRPは多血小板血漿の意味で、血小板とはけがをするなどして血管が損傷したときに、それを修復するもの、血漿は化学で言う「溶媒」、つまりあらゆる血液成分を溶かして含んでおくための液体です。
幹細胞、この場合は脂肪幹細胞と呼ぶべきですが、これは体のあらゆる組織となることができる能力をもつ細胞のことを言います。

PRPと幹細胞は、血管やその他の組織を作り、脂肪の生着しやすい環境作りに貢献する成分です。通常の脂肪注入法において抽出される体内の脂肪組織にもそれらの成分は含まれていますが、微量であるため生着率の高さは実現しにくいものでした。

これらの欠点を解消した方法がPRP脂肪幹細胞注入法。この方法では、上記の成分を脂肪と同時に注入することで、高い生着率を実現できるそうです。もちろんこれらの成分も自身の体内から採取するため、拒絶反応などを起こさない安全性は確保されています。

多くの病院では、MCRFとPRP脂肪幹細胞を同時に注入する手術を行っているようです。これにより生着率は大幅に上がり、90%以上とも言われています。これなら、脂肪の少ない人でも脂肪注入法が可能となります。
またこの方法ならば、ヒアルロン酸注入法のように注射器での手術が可能となるそうです。簡便さも併せ持つと言えるでしょう。

MCRF注入法・PRP脂肪幹細胞注入法でも克服できないこと

すぐれもののMCRFとPRP脂肪幹細胞ですが、これらでも克服できないことがあります。
上記に通常の脂肪注入法のデメリットがあげられていますが、実はもう一つ「脂肪が生着するまでには、禁欲や飲酒などに長期間気を使わなければならない」ということがあります。

ヒアルロン酸注入法では、手術後1週間もすれば、性行為が可能となるほどにまで日常生活に戻れますが、脂肪注入法では手術後最低1カ月間は性行為を我慢しなければなりません。このほか飲酒や激しい運動などにも、1~2週間ほどは気を付けなければならないのです。

MCRF注入法やPRP脂肪幹細胞注入法でもこの欠点は解消されず、比較的長い禁欲期間が必要となります。

あとは、値段が亀頭増大手術や長茎手術よりかなり高いですね
どれだけ注入するのにもよりますが、大体60~350万程度はします

まとめ

脂肪注入法はめざましい発展を遂げていますが、それでも、禁欲期間が長いという欠点は解消されていません。しかし、コンプレックスが関わるこの分野は医療の中でも日進月歩。いずれは、短い期間の禁欲で済む脂肪注入法が生まれるかもしれません。今後の研究にも期待していきましょう!

ちんちん丸が亀頭増大、長径手術を受けた ABCクリニック

増大・長茎

abcbun1 abcbun2

ABCクリニック公式ページはこちら

ちんちん丸のABCクリニック体験談はこちら

ちんちん丸おすすめの病院・クリニック一覧へ

管理人、ちんちん丸も飲んだ!人気No.1性器増大サプリメント「ヴィトックスα」

VITOX-α

b2 b3

ヴィトックスα購入ページはこちら

ちんちん丸のヴィトックスα体験談はこちら

このページの先頭へ