パーキンソン病、ドーパミン不足は短小(インポ)の元!

do-pamin

どうも、ちんちん丸です。

今回は、パーキンソン病と短小の関係を解説していきます。

パーキンソン病は短小・インポの元

あなたは、パーキンソン病をご存知でしょうか?
パーキンソン病とは、40、50、60と、年齢を重ねるにつれて、患いやすくなる神経疾患のことです。

原因は、未だに完全には解明されていませんが、体内のドーパミンが不足することが、パーキンソン病を患う1つの可能性として挙げられています。

ドーパミンとは、意欲を感じる場合に必要不可欠な神経伝達物質ですね。
ドーパミンが不足すると、何もやる気が起こらなかったり、幸せな気持ちで有ったり、快感を得るということが減ります。

パーキンソン病を患った場合の主な症状は


・手など身体のふるえる
・寝れなくなる
・過度な気持ちの落ち込む
・汗を大量にかく
・身体が脂ぎってくる
・インポになる

などですね。

つまりこれに当てはまる、または、当てはまりそうな方は要注意です。

パーキンソン病ではなくても、ドーパミン不足はインポになる可能性がある!?

パーキンソン病を患っていなくても、ドーパミンが不足しているとインポになる傾向はあります。

インポとは、EDなどの勃起不全だけのことを指すように思えますが、インポになるということは、チンコを使わないということになりますよね?

チンコを使わないということは、股間付近の筋肉や睾丸なども使わないということになります。
そうなると、一気にチンコは老化し、サイズそのものが縮んでしまうのです!
詳細はこちら

もし最近、「意欲がない」「快感を感じることが滅多にない」などと思う方は、ドーパミンが不足しているかもしれません。

それに当てはまる方は、徐々にでも対処していくと良いでしょう。

ドーパミンを出す方法

ドーパミンは単純に、自分が心の底から楽しいと思えることをしているときであったり、感動しているときに分泌されます。

なので、プライベートなど時間があるときは極力、自分の趣味に没頭するのが良いでしょう。

また、ドーパミンが大量に分泌していると、お腹がすきにくくなったり、早く時間が過ぎる感覚になります。
例えば、好きな女の子と話していたり、趣味に没頭している時などは、食事などを忘れますよね。

さらにそんな時は、「いつのまにかこんな時間だ!」などと、感じることもあると思います。

このような時、脳内では大量のドーパミンが分泌しています。
多幸感や感動がそうさせているのです。

まだまだ、このような感覚を忘れていない方は、心配いりませんね。
逆に、めったにそんなことがない方は、要注意ですね。

また、食事を忘れるというのは、身体に悪いことでもなんでもなく、むしろ、過剰にカロリーを摂取することを抑えることが出来るので、かなりお得です。

肥満は、短小の元ですからね。
詳細はこちら

大量にドーパミンを分泌させて、お互い、いつまでも元気でイキイキとしたチンコを保ちたいところですね!

ちんちん丸が亀頭増大、長径手術を受けた ABCクリニック

増大・長茎

abcbun1 abcbun2

ABCクリニック公式ページはこちら

ちんちん丸のABCクリニック体験談はこちら

ちんちん丸おすすめの病院・クリニック一覧へ

管理人、ちんちん丸も飲んだ!人気No.1性器増大サプリメント「ヴィトックスα」

VITOX-α

b2 b3

ヴィトックスα購入ページはこちら

ちんちん丸のヴィトックスα体験談はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ